こんにちは、しげもんです。

秋田県に帰省などで
なんども訪れている人は
ちょっとマイナーなところを
知っていますよね。

この記事では、
有名観光地以外の
お勧め場所をご紹介します。

まさかのカレーが美味しい「海鮮屋」

秋田県=日本海側ということで
海産物目当てでお店を探す人も
多いかと思います。

そんなときにお勧めなのが
「海鮮屋」です。

食べログで★3.31という
微妙にいい感じの点数ではありますが
実は1階と2階があります。

なぜかお勧めで多かったのが
2階だったのですが

どうやら2階の方が座敷もあり
景色もいいので、雰囲気がいいのでしょう。

夏場に行くと、列を待つ間は
冷房なしの極暑の空間。

本当に暑いです。心から。

ですが、室内は快適です。

待つ間は、複数人で交代しながらが
いいかもしれません。

お勧めメニューは、カレーです。

海鮮料理食べに来て
カレーかよ、って思うかもしれませんが

イカやエビなどの甲殻類中心に具材が多く
海鮮の出汁も効いていて、これがウマい。

海鮮丼などでテンションの上がらない子供には
絶対こちらの方がいいです。

もちろん海鮮丼も食べました。

臭みがなくて、鮮度を感じます。

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 男鹿駅

休日や花火大会前後は
駐車場もそこそこ混むので
時間に余裕を持って行った方がいいです。



999段の先にある「赤神神社」

なまはげ発祥の地を語る
赤神神社 五社堂
(あかがみじんじゃ ごしゃどう)は
なんといってもそこに至るまでの階段が
見せ場(?)です。

その段数、999段!(らしい)

正確には、階段といよりも
石の積み重ねられた道なので
数えられないです。

でも、逸話によると999段らしいです。

入り口が分かりにくい!と
レビューに書かれていました。

脇道みたいな入り口です。

木陰になった道をひたすら登ります。

汗だくになったころにたどり着く
赤い鳥居の先には、井戸があります。

この井戸の水がものすご〜く冷たい!
飲めないと思うので、
手にかけるだけでもかなり嬉しいです。

こちらが「五社堂」。

その名の通り、社が5つ並んでいます。

お賽銭を5社分用意していきましょう。

無人のおみくじ販売所もありますが
在庫切れでないか確認してから、
お金を入れましょう。

筆者は在庫がないのにお金を入れて
悲しい思いをしました。

なにごとも事前の確認が
大切だと教えてくれる神社です(違うか)。




のんびりピクニック気分の入道崎

白黒の縞模様の灯台は
海上保安庁による「日本の灯台50選」に
選ばれているという、「入道崎(にゅうどうさき)」。

日暮れどきにいくと、いい感じの雰囲気です。

いや、本当は灯台に
登ってみたかったんですが

入場は16時までなんです。
早いですよね・・・。

仕方がないので、
灯台の近くの広場?でのんびり。

近くにはマイナーなお土産やさんもありますが
そちらも17時閉店。はやい!

・・・ってことで、できれば
早めに行きましょう。

田舎の観光地は
どこも終わるのが早いです。




かぼちゃソフトが絶品!天王スカイタワー

秋田県の隠れ名物は
かぼちゃだと、個人的には思っています。

JAが出しているお土産の「パンプキンパイ」が
地味に美味しいです。

 

この他にかぼちゃの美味しさを味わえるのが
「天王スカイタワー」の売店です。

まずは地域の産物の売店で
様々な品種のかぼちゃを楽しめます。

なんと、生きたドジョウも売っていました。

触るとウニョウニョ動きます。

で、ここの本当の目当てはこちら。

かぼちゃソフトクリーム!

抹茶やら味噌やらいろいろありますが
迷いなく一番これがお勧めと言えます。

かぼちゃのほのかな甘みがおいしいです。

ちなみに、近くの売店では
ババヘラアイスを自宅で体験できる
お土産キット?も売っています。

こどものいるお家では
かなり喜ばれそうなお土産です。

 

かぼちゃソフトを買ったらぜひ
スカイタワーに登って
遥かに続く田園風景をみながら
食べてください。

稲刈りの時期なら黄金色の
田んぼが見えるのでしょうか。

いい感じに地味で、
さすが秋田県。曇天が多いです。