りそな銀行の口座を持っていて、web上で履歴確認や振込、引き落とし登録などを行いたい。
そんな人にとってりそなマイゲートはとても便利です。
ただ、登録完了に少し時間がかかったり、気をつけたほうがいいところがあったりします。

この記事では、りそなマイゲート登録時に実際にしてしまった失敗談をもとに、注意点や対処法をご紹介していきます。

りそなマイゲートでメールアドレスはとても大切

りそなマイゲートにおけるメールアドレスの役割は多様です。

  • 振込予約の通知
  • ワンタイムパスワード設定メールの受信
  • が主ですが、簡単に言うと確認書類のような役割をしています。
    FacebookやLINEなどのSNSサービズの多くは、電話番号の認証を使っているので、万一メールアドレスを誤って入力しても電話番号あてにSMSでリセット用のパスワードを送らせるということもできます。

    りそなマイゲートはこれができません。

    そのため、登録時にメールアドレスを誤って入力してしまうとリセット方法がなくなり、それ以後は振込などのパスワードの入力を求められる手続きができなくなってしまいます。(ログインはできますので、残高参照くらいは可能ですけどね)

    こんな変更をするときは気をつけて

    私の場合は、携帯電話会社を変更したことで、メールアドレスの変更が必要になり、手続きをすることになりました。
    ここで、(アホなのですが)入力を間違えました。

    本当はやりたかったこと

  • メールアドレスの変更
  • 新しい携帯でソフトウェアトークン*の設定
  • *ソフトウェアトークンとは、1回使い捨てのパスワードを発行してくれるアプリみたいなものです。

    ただこれだけなのですが、、新しい携帯のアドレスを間違ってしまったばかりに、初回設定用のパスワードが携帯に届かずゲームオーバーになりました。

    ここからが本題です。
    りそなマイゲートでメールアドレスを登録し間違えてしまったとき、具体的にどうすればいいのでしょうか。



    メールアドレスの設定を間違えたときの対処法

    こんなアホな案件がないからか、りそなのQ&Aに対処法が載っていませんでした。

    そのため、問い合わせてみました。

    結論から言うと、新規登録時と同じ流れをとるしかありません。
    今の登録はそのまま無視して、新規登録と同じように手続きをしてください。

    チャットサポートを使用した際のやりとり

    りそなのチャットサポートを使用した際のやりとりを(一部抜粋で)転載します。
    こんな風にコメントしてもらえます。

    自分:
    ワンタイムパスワードなどを送信してもらうためのメールアドレスを誤って入力してしまいました。変更は可能でしょうか。
    現在、ワンタイムパスワードや振込連絡などが届かず、再設定もできない状態です。

    りそな:
    お問合せいただきありがとうございます。
    お客さまは、現在ワンタイムパスワードの使用ができないため、メールアドレスの変更も行えない状況とのことでよろしいでしょうか。
    ご不便をおかけしております。

    りそな:
    ログインパスワードの初期化とワンタイムパスワードの再発行を伴いますが、お取引状況が下記条件にあえば、マイゲート再設定を行っていただくことにより、メールアドレス変更が可能でございます。

  • 通帳をお持ちである
  • キャッシュカード暗証番号が他人から推測されにくい
  • 口座お届け住所と現住所が一致している
  • この1つ目の「通帳を持っている」が実は結構重要です。
    りそなマイゲートの登録申請には「通帳記載の最終残高」の入力が必要なのです。
    この「記載残高」というのは、現在の実際の残高とは異なり、その名の通り「通帳に記載してある」最終残高なのです。
    もししばらく通帳記載をしていないとしても、記載してある最終残高を入力します。
    通帳をなくしてしまっている場合、これがわからないので、申請は完了できません。

    自分:
    いずれも問題ありません。

    りそな:
    それでは下記URLの新規お申込み画面より、マイゲート再設定のお手続きをお願いいたします。
    http://www.resonabank.co.jp/direct/offer/index.html

    画面は質問1~3へのご回答→規定等への同意→口座情報入力と進んでまいります。
    口座情報入力画面では正しいメールアドレスをご入力いただくと、マイゲートの登録アドレスも上書き変更されます。

    新規申込と同じ画面で申し込んでいただくとマイゲート再設定の扱いとなります。

    また、口座情報入力画面で「ソフトウェアトークンを申込する」もしくは「ハードウェアトークンを申込する」を選んでいただいた場合、1週間~10日程で口座お届け住所宛に転送不要の簡易書留郵便で届きます。
    口座情報入力の次に、キャッシュカード暗証番号認証を行った後、「すでにマイゲートご登録済みですが、再設定しますか?」と画面が聞いてきますので「再設定する」を選んでいただきます。

    この何かよくわからないものが届きそうな記述。
    web上で振込などのお金が移動することをしたい人には、必須です。

    ものすごくざっくり説明すると

  • ソフトウェアトークン
  • アプリなどで認証する(新しい端末は不要。スマホにアプリ入れればok)

  • ハードウェアトークン
  • 小さな端末みたいなものを操作して認証する(新しい端末みたいなものが手元に必要)

    という違いがあります。

    私としてはソフトウェアトークン(スマホさえ持っていればどこでも使える)がおすすめですが、どちらでもいいと思います。
    web上では残高照会くらいしかしないのなら、ここの申し込みは不要です。

    自分:
    簡易書留の到着を待たなければ再設定は完了しないということですよね。

    りそな:
    再設定完了後、即時、新アドレス宛へEメールでログインIDの通知がございます。

    ログインパスワードは初期化され、「口座番号7桁+キャッシュカード暗証番号4桁」の合計11桁の数字になります。

    画面が再設定完了となりましたら、すぐに初期パスワードでログインして、新しいパスワードに変更していただくと、マイゲートはご利用いただけるようになりますが、振込等のワンタイムパスワードを使用する取引は簡易書留郵便が届いてから可能となります。

    簡易書留が届いたら

    簡易書留の中に、振込などの際に使用するワンタイムパスワードが記載されています。
    それを使ってワンタイムパスワードの登録を完了させてください。

    このように、即時で終わらないことになっていますので、くれぐれもメールアドレスの登録には気をつけてましょうね。