公式情報によると、ブログの左側のメニューで [収益] をクリックして表示される画面に、[AdSense に登録] ボタンが表示されない場合、AdSense の利用資格を満たしていないとのこと。

 

公式情報
https://support.google.com/blogger/answer/1269077?hl=ja

 

利用資格について

 

・ご自分のサイトをお持ちですか。

AdSense コードを設置するために、 HTML ソースコードを編集する権限を持っていることが必要と書かれている。

 

・ウェブサイトは Google のプログラム ポリシーに準拠していますか。

おそらくアダルトコンテンツなどを含んでいないか等を満たす必要がある。

 

・サイトが 6 か月以上有効ですか。

Google の広告主の保護のためにも、三日坊主ブログではダメとのことが書いてある。

 

・18 歳以上ですか。

大人になってから(大人に頼んで)申し込みましょう。

 

利用資格

https://support.google.com/blogger/answer/1269077?hl=ja

 

Adsense で承認された後にやってはいけないこと、すべきこと

・自分でサイトの広告は決してクリックしない

これは絶対にやっては駄目です。
一回でもクリックしないように気をつけましょう。

 

一回クリックしただけでアカウントが無効になることは
ありませんが、Google には全てを監視されていると思ったほうがいいです。

 

今時、機械学習を使えば、不正クリックの傾向や
怪しい挙動のクリックは簡単にあぶり出すことができます。

 

一度不正を働いてアカウントが無効化されれば、
たとえ google アカウントを作り直して再度 Adsense に
承認申請をしても、おそらく申請は通らないでしょう。

 

少なくとも不正をした時に使用したドメインは
ブラックリスト入りし、そのドメインで Adsense のサービスを
受けることは永久にできなくなるでしょう。

 

私は実際に承認が通った嬉しさで数回自分でクリックしてしまい、
数日後に見事に30日間 Adsense サービス停止処分になりました。

 

友人に一回のクリックをお願いするのも含めて、やめましょう。
google とは良い信頼関係を築き、最良のビジネスパートナーに
なりましよう。

 

・登録ドメイン以外の広告のクリックを無効化する

個々のアカウントにユニークな、広告に設定されている
広告コードというものがあります。
これはソースコードをみれば簡単にわかるものです。

 

この広告コードを悪用して、他人が勝手に自分の知らない
サイトに広告を貼り付け、意図的に規約違反状態にすることで、
自分のアカウントが無効にされてしまうことがあります。
( Adsense 狩りと言われています)

 

このような怪しい挙動があった場合は機械学習などで
検知され、 Google からも不正利用されているかもよという
お知らせが来るのですが、運営しているサイトがかなり
マイナーであってもすぐに攻撃対象となってしまうようです。

 

なので、 Adsense の承認を得たら、早急にクリックの
有効な対象ドメインの設定をしたほうが良いです。

 

参考 【Blogger】AdSenseに登録する

https://shige-mon.blogspot.com/2017/08/blogger-adsense.html