記事編集の時の「段落」や「見出し」の挙動についてまとめます

 

段落

「段落」にして改行をすると、

このような行間の大きな文章となります。

 

この記述では、pタグ(「テキスト」タブの編集欄には表示されません)で出力されることになります。

そのpタグの下に、大きくmarginが設定されていることにより、

このように改行が大きな文章として表示されています。

 

pタグ内では、以下のように改行無しで書くと

ウィンドウの幅に応じて文字が折り返すようになります。

pタグ内の文章のサンプルです。pタグ内の文章のサンプルです。pタグ内の文章のサンプルです。pタグ内の文章のサンプルです。

 

文字なしで改行すると、

「 」としてコードに出力されます。

 

見出し

以下のようになります。

見出し1

見出し2

見出し3

見出し4

見出し5
見出し6

 

これらは、h1からh6のタグとして

「テキスト」タブの入力欄に出力されます。

 

整形済みテキスト

以下のようになります

整形済みテキスト
コードとしてはpreダグを使用することになります。

こちらは、preタグとして

「テキスト」タブの入力欄に出力されます。

 

このpreタグに以下のスタイルをあてることにより、

プレーンテキストのような出力にすることができます。

<pre style="background-color: #fff; padding: 0;"></pre>