ちょいとセミナーを受けに、大阪に行きました!

せっかくの大阪だから、有名なお店のお好み焼きを食べたくて、食べログで調べました。調べてみたところ“ねぎ焼きやまもと”が出てきたので、行ってみることにしました。どうやら人気店らしく、時間をうまく狙わないと並ぶことになるそうです。

これから訪れてみたいひとのために、経験談をまとめました!

スポンサードリンク

どのくらい並ぶ?

土曜日だからか、ご飯ピークタイムを外した17時に行ってみましたが、すでに8人並んでいました。この待つ時間って結構つらいのですが、今回は並んでいる人の話を立ち聞きすることで、事前情報をGETできました。

  • 土曜日なら開店前から並ばなあかん
  • 焼→き→そ↑ば↓が美味しいねん

なるほどー!焼きそばというのは意外でした。

ちなみに、お店まで3mくらいの距離まで近づくと、並ぶ前に店員さんが駆け足で近づいてきて、並び方を教えてくれたり、メニューを渡してくれたりします。(笑)

初回は何を注文すべき?

近づいた店員さんがまず聞いて来たのは「何名様ですか?」。
並んでいるのを待っている間に注文を取る形式でした。店員さんがメニューを渡してくれます。

私は、グルメセンサーがそんなに敏感ではない素人なので、初見のお店でよくやる手法をとりました。

「一番人気のメニューは何ですか?」

スジ入りなんたら(聞き取れなかった)と言われたので「じゃあそれで」の二つ返事。・・・あとから他の人が食べているのを見て「焼きそばも頼めばよかったなー」と思いました。

待ちながらGoogleさんのレビューを見ていると、おばあさんがいたときはめっちゃ美味しい「さすがは元祖」だったそうです。今はそれに比べたらそんなに…ということらしいですが、ねぎ焼き食べたことないので分かりません。(笑)

ようやく店内に入ると、まだまだ並んでいる人が店内にもいました。店内に入ってからも並ぶのは、ラーメン屋さんみたいです。

待ち時間10分位で着座。

席につくと、お皿とヘラと箸とお水をもらいました。隣のおじちゃんがかなりイカチィタトゥー入れていて、緊張感がありました。腕の般若と時折目が会いました(笑うところ)。

それから提供までだいたい同じくらい待ちました。
周りにどんどん置かれていくので、お腹が空いていきます。

スポンサードリンク

味は?

手元にねぎ焼きが来ました!焼き上がったものをお客さんのところに運んでから、タレで仕上げをします。

お好み焼きはソースですが、ねぎ焼きは醤油と絞りレモンでした。そもそもお好み焼きを食べたかったくらいなので、タレ味を食べたかったと思いました。(ねぎ焼きが何か調べろよって話は置いておいて)なので、正直「しょうゆかー・・・」と思いました。

が!

食べてみると、しょうゆとレモンはさっぱりしていて結構合いました

ねぎ焼きは初めて食べましたが、ふわふわした卵焼きみたいな食感でした。はんぺんみたいでもありますね。なので、なんとなく、はんぺん食べているような気持ちでした。(笑)

お好み焼きとは全然違うなーということを学びました。好きな人はすきでしょうが、私はお好み焼きのほうが好きでした(食べごたえ的な意味で)

卵焼きみたいな食べ応えなので、ちょっと物足りない部分があります。焼きそばとねぎ焼きを両方頼む人がいるのも納得でした。